ニュースキャスターは生ハメ本番中

凌辱のAV動画タイトル
ニュースキャスターは生ハメ本番中

清楚なAV女優名
神谷恭子

シリーズ名
撮りおろし徹底陵辱ビデオ
ニュースキャスターは生ハメ本番中 神谷恭子

お急ぎで本編を御覧になりたい方

 今すぐ神谷恭子さん「ニュースキャスターは生ハメ本番中」の本編へ、どうぞ。

清楚なお嬢様、神谷恭子さんの屈辱と凌辱の解説

ニュース番組の定番「ワールドトーネツサテライト」に新人キャスター・神谷恭子が新加入。敏感そうなスレンダーボディといやらしい表情が既に視聴者に受けています。デジタル放送間近。これからの報道番組は楽しい事が必須条件。クンニされ生ハメされたキャスターの喘ぎ顔を楽しみながら今日のニュースに耳を傾けて下さい。チンポを埋められたまま何度もイカされた挙句失禁まで晒す恭子は次世代報道番組には欠かせません。 本番中ニュース原稿を読む恭子は身体をモジモジ。デスクの下で男にマンコを執拗にクンニされている。感じてしまいまともに原稿が読めない。さらに別の男がいきなり髪の毛に射精!直後口内に射精後のチンポを捩じ込まれお掃除フェラを強行される。もはや原稿どころではない。続いてもう1発髪の毛に射精された後立ちバックで生チンポを挿入される。激しくピストンされ悶絶。生放送中のとんだハプニング。しかし放送は続き膣肉がチンポに吸着する光景まで全国に流されてしまう。そして正常位で生中出し。 一体何が起こっているのか。恭子は困惑するのみ。当然局には視聴者からのクレームが。恭子は上司に呼び出され叱責される。うな垂れ反省するも訳の分からない男のクンニはまだ続いていた。身体をモジモジさせる恭子はまともに立っていられない。奇妙な事にクンニしている男は他の人間には見えないらしい。自身で勝手に感じているふざけた態度だと思われた恭子は必死に弁明するも取り合って貰えない。終いには妄想癖があるおかしい女だと断定され開脚ポーズで抱え上げられマンコを全開に。 直後バイブをマンコに突き入れられ強制撹拌!白濁した愛液を垂れ流して喘ぎまくる。そして四つん這いで電マを押し当てられると呻きながら失禁!その後も電マを強く押し当てられ下半身ビクビク。続いて開脚ポーズで電マ3本を同時に股間に押し付けられイカされる。直後大量失禁!呆然自失状態に追い込まれる。目の焦点も定まっていない。続いて何度も電マで責められ失禁を繰り返す。とんでもない屈辱プレイだ。そしてクスコを刺し込まれる。まだ蕾段階という佇まいの発展途上な子宮口!嬲り甲斐満点の代物だ。そして口内にチンポを押し込まれ強制フェラ。タマもペロペロ。さらには3本を同時に舐めさせられる。 直後バックで生チンポを捩じ込まれる。同時に尻をスパンキングされヒップが真っ赤に!続くM字背面騎乗位でクリを電マを押し付けられ絶叫。イカされてしまう。直後指マンされてまた失禁!さらに電マで責められイカされる。股間は愛液とオシッコでビチョビチョ。はしたな過ぎ!続いて正常位、屈曲位とハメられまくり悶絶。チンポで突かれながらイカされ、ハメられながらクリを電マで責められイカされる。イク時の苦悶の表情が最高!そして正常位で生中出し。2本目が直ぐに挿入され強制ザーメン注入。直後3本目を突き入れられ正常位で生出しを強行される。さらに射精後のチンポを口内に押し込まれお掃除フェラ。変形した肉ビラが痛々しい。 続いて放送を見た視聴者が詰め掛ける。放送が卑猥だと激怒した視聴者達は恭子のマンコに次々とチンポを刺し込み膣内射精!恭子は謝りながら腰をグラインド。ザーメンを全て搾り取ろうとする心掛けは立派だ。バック5発。開脚ポーズ5発。合計10発のザーメンを注ぎ込まれたマンコは崩壊。短いキャスター生命に終止符が打たれる。 この後恭子はクレーム処理係りとなり全国視聴者のザーメンをマンコで受け止める毎日。クレーム対応が間に合わずさらに怒られアナルまで生ハメされる有様。そのうち狂って逃げ出すだろう。

清楚な女優:神谷恭子さんの凌辱、解説を読んでいかがでしたか?
ぜひ屈辱の「ニュースキャスターは生ハメ本番中」本編を御覧ください。

 神谷恭子さん「ニュースキャスターは生ハメ本番中」の本編はここから御覧いただけます。

シリーズ:撮りおろし徹底陵辱ビデオ

清楚系お嬢様が大好き

M字開脚 お掃除フェラ アクメ アナル クリトリス グチャグチャ グチョグチョ ザーメン強制注入 ザーメン注入 スレンダー ディープキス パンスト ビクビク ボロボロ マンぐり マングリ返し マン汁 モデル レズ ローター責め 乳首 仁王立ちフェラ 喘ぎ声 妊娠 手コキ 拘束 指マン 東京都 生姦 生挿入 痙攣 発狂 白濁マン汁 立ちバック 精液 美少女 肉ビラ 肉便器 膣内射精 膣口 調教 逆流ザーメン 連続中出し 電マ責め 鬼畜連中
今すぐAV見放題
絶対お得な昼得プラン