福岡未来 電動ドリルバイブ RQ餌食

凌辱のAV動画タイトル
電動ドリルバイブRQ餌食

清楚なAV女優名
福岡未来

シリーズ名
撮りおろし徹底陵辱ビデオ
電動ドリルバイブRQ餌食 福岡未来

お急ぎで本編を御覧になりたい方

 今すぐ福岡未来さん「電動ドリルバイブRQ餌食」の本編へ、どうぞ。

清楚なお嬢様、福岡未来さんの屈辱と凌辱の解説

サーキットで男性の視線を集めるのみならず人気が高いとタレントとして活躍できる可能性もあるRQは女性の憧れの職業。ゆえにRQになりたい女の子は大勢います。福岡未来ちゃんもRQに憧れる女の子の一人です。しかし一部の人気RQがいる一方で多くの無名RQがいるのも現実です。そんななか騙され拉致された挙句チンポを挿入されるRQ達やRQ志望の女の子達が数多く存在しているという噂を聞きました。早速現場に駆けつけた私の目に飛び込んできたのは信じられないような陵辱の数々でした。

落ち着いた印象を受けるスタイル抜群でお姉さん系の福岡未来はRQの面接を受けている。「恥ずかしいこと出来るの?」など面接官の口からはRQとは全く関係ないと思われる質問が次々に浴びせられる。絶対にRQになりたい未来は面接官に言われるままにオナニーを始める。面接官の指示に従いオマンコのビラビラを指で閉じたり開いたりパクパクさせることまで強制される。さらにパンツを脱いでクリトリスやオマンコの内部を弄くる激しいオナニーを始めると股間はじっとりと湿る。

激しいオナニーが良かったのか未来は仮採用を貰うがRQの資質があるかどうか確かめるため3人の男達が登場しRQの衣装に着替えた未来にフェラチオを強要する。未来は3本同時フェラに続き後頭部を押さえつけられて口の中にチンポを無理矢理ブチ込まれる。苦しさの余り泣き顔になった未来に1人が口内発射。かなり濃厚なゼリー状の精液が口の中を汚す。

面接は続き未来の股間の適性が測られることになる。未来は大股開きのポーズでオマンコのビラビラを左右から指で広げられバイブやオモチャを次々とブチ込まれる。クリトリスへのバイブ攻撃も加わり膣の入り口は膣内部から滲み出した白濁した愛液で塞がれた。膣内部から溜まった空気がブブブッーという卑猥な音を立てて勢いよく噴出。RQのイメージとは程遠いイヤラシイ音に未来は屈辱を感じたままクスコでオマンコの奥まで覗かれる。膣壁は愛液がこびりついて白く変色していた。次に登場したのは電気ドリルの先端を極太バイブに交換した東熱オリジナル最強電気バイブ。信じられないくらい高速で力強いピストン運動に未来は何度も強制的にイカされる。

これで終わらなく最終チンポ面接に突入。オマンコの具合をみるため立ちバックで強制生姦。生姦でOKが出れば本採用となるわけだ。立ちバック、背面騎乗位、正常位と展開。結合部分から白い愛液が滲み出す場面に興奮。最後は屈曲位で生中出し。 大量の精液を膣に注入された未来はこれでRQになれると思ったのも束の間、RQ事務所の3人の男達に乱交&輪姦。犯されながら強制フェラが続き1発目はバックで中出し。大量の精液がブーッという大きな音を立てて逆流。まだ逆流が収まらないうちに2本目を挿入される。そして中出し。連続の中出しに未来の目は半開きになり焦点が定まらない。続いて3本目が正常位で中出しで終了。

最後は未来に東熱オリジナル膣中強制全開パンツが装着され崩壊寸前のオマンコへの集団流し込み。子宮口がパクパクと精液を飲み込んでは排出する克明な光景に感動。8人分の精液を飲み込んだ後抱え上げられ精液を強制排出。未来は呆然とした表情で憔悴。 RQ志望の女の子を陵辱しているのは東熱RQチームでした。現場の私は気が付くとチンポを挿入していました。そして今では二次クンニ面接まで任されるようになりました。人生どこにチャンスが転がっているかわからないものですね。

清楚な女優:福岡未来さんの凌辱、解説を読んでいかがでしたか?
ぜひ屈辱の「電動ドリルバイブRQ餌食」本編を御覧ください。

 福岡未来さん「電動ドリルバイブRQ餌食」の本編はここから御覧いただけます。

シリーズ:撮りおろし徹底陵辱ビデオ

福岡未来 蒟蒻饂飩ザーメンパスタ

超美人 清楚系の福岡未来(Miku Fukuoka)AVお嬢様の画像

清楚系お嬢様が大好き

M字開脚 お掃除フェラ アクメ アナル クリトリス グチャグチャ グチョグチョ ザーメン強制注入 ザーメン注入 スレンダー ディープキス パンスト ビクビク ボロボロ マンぐり マングリ返し マン汁 モデル レズ ローター責め 乳首 仁王立ちフェラ 喘ぎ声 妊娠 手コキ 拘束 指マン 東京都 生姦 生挿入 痙攣 発狂 白濁マン汁 立ちバック 精液 美少女 肉ビラ 肉便器 膣内射精 膣口 調教 逆流ザーメン 連続中出し 電マ責め 鬼畜連中
今すぐAV見放題
絶対お得な昼得プラン